(31)楡の会こどもクリニック通信第31号(2018年6月)
2018.06.19

***********************************************************************

小5漢字の面白い覚え方

~小学校5年生 濱出拓音(はまで たくと) 作~

こどもクリニック 石川 丹 編

***********************************************************************

濱出君が6年進級前に川柳風(せんりゅうふう)文学的に素晴らしい創作をしました。
漢字に苦戦しているお友達には良いニュースです。活用して下さい。



破 
志 力はすごい意
絶 が泣いて望する
豊 に聞かせて作だ
久 の重なりはしぶり
証 う事はしいと明する
枝 えるとが折れない
像 っぱいいるを想する
評 あの人がう事は和で好
任 い仕事んびり力の担
招 を持つけど待する
旧 1回だけの出を見るための
性 さくてもき物には特がある
許 った事を前中にすればされる
解 度の問題はを使うとける
態 しするとからヒヒと笑う
技 (てへん)で身体をえる法を学ぶ
測 っかりとンゴの大きさを
俵 (にんべん)がに出て米を運んだ
件 があばれるをつかまえたら事
独 けもの(けものへん)がり占めする
個 いよろいを着たら強い人になる
規 は信号をちゃんと則正しい人だ
識 う事無しの楽の天は知もすごい
比 べよう
財 を集める天
鉱 がり石が増えた
禁 の下ですのは止だ
製 服にを付けて造する
現 さまがたい物われる
貧 けたらしくなった
情 さいい空見て表明るく
災 の3兄弟が熱くてなんだ
支 と書くと一番持が多い
舌 で歌うとがいたくなる
損 を食べると害がない
恩 の中をきくしたらからを感じた
格 のとなりの人はみんな人がちがう
責 ある人はをぬすんだため任を負った
往 の下の(にんべん)がの道を復する
仏 (にんべん)がかし作った像はでかい
似 っぱいがいるとある人外はてない
桜 のそばでっ立ってるの人がを見る
授 (てへん)をけさせてくれるのは教
質 (おの)が二つの上にあると品が良い
略 んぼがある地でいっきを起す戦をねる
効 番のおまわりさんのはいじめっ子に果的だ
職 例えが悪くても楽の能あれば人に成れる
賀 の上にを乗せれば年葉書のでき上がり
績 を結んでの上に乗せたら成が上がった
設 平凡の点のない凡()を又言ったら特別置だ
能 ぼうな事にとりでっそり行くのは不可
精 いとおいしくなさそうだが白米はおいしい
銅 以外をねらっている人はみんなを見付ける
仮 ち日で乱する本の題名を決めるのはむずかしい
総 電話が式ギネスにのったのが合的に残った
容 (うかんむり)かつにに入ると内が分からなくなる
造 (しんにょう)っと思ったら予が始まった創の世界
程 原のの下で良くが回るさまが旅行日を決める
因 きいおもちをほおばってつまったら原は腹減りだ
述 (しんにょう)ーチョン(点)付きっ海道についてべる
混 っかりとだれが一番先にの出を見るかべると雑する
快 (りっしんべん)のとなりの中央の左の線が取れるとい風がふく
刊 にたて線本引いて利の右のを付ければ週マン画のでき上がり
保 形とを空けての下で昼ねするには大切に管しなければならない
増 良い(つちへん)でっと作った当たりが良く取れるお米がえた
迷 を食べようとしたら(しんにょう)っとびっくりしたのはいっぱいあってったから
勢 曜日にっと思ったのはの中のくてど(角)のない石をい良く取る事だった