2017.03.08

児童発達支援事業

プレイルームにれのかい

児童発達支援事業プレイルームにれのかいは、親子で通い楽しみながら発達する力を引き出し、発揮できるように支援する遊びの広場です。
見る・聴く・触れる・動くなどのさまざまな感覚を使って親子で楽しみます!
親子で楽しく遊ぶことで、運動・言葉・社会性の発達が促されます。ご家族に寄り添ってもらいながら楽しむ経験をしっかり積み重ねていくと、お父さん・お母さんを安心の基地としてさまざまな活動へチャレンジする力や、お友達とのかかわり合いを楽しむ力が広がっていきます。
また、「楡の会式療育」を通して自己肯定感を育んでいきます。その中でお友だちと互いに主張したり、折り合いをつけるなど、小集団の中で楽しむ力が向上できるように支援していきます。

一日の流れ
懇談・個別
みんなであそぼう
はじまりの会
今日の活動
おやつ
さよならの会
相談・個別
  • 親子遊び
    親子遊び
    揺れ遊びやくすぐり遊びを取り入れ、ご家庭でもお子さんと親子遊びを楽しむことができる療育を提案し設定しています。
    また、ダイナミックで動きのあるサーキットやエアポリン、体の全てを使って感触を楽しむ粉遊びやスライム遊びなど、プレイルームでしか体験することができないような遊びを提供しています。

    ※対象児
    ・幼稚園、保育園に通っているお子さんで、初めて療育に参加される幼児(午後グループ)

  • 母子分離・単独遊び
    母子分離・単独遊び
    親子遊びをたくさん経験したお友達は、療育経験や年齢ごとにグループ分けをおこない、小集団の中でルールのある遊びを通して、社会性を育む経験をしていきます。
    お友達同士のやり取りの中で《我慢》するのではなく《納得》して気持ちの切り替えができるよう、必要に応じて職員と一緒に考え行動していきます。

    ※対象児
    ・プレイルームで母子グループを経験した就園している幼児

活動紹介一覧に戻る

filed under: